よくあるご質問

はい、併用して受けられます。鍼灸治療により、病院での治療との相乗効果も高まります。タイミング法や人工授精はもちろんのこと、特に体外受精をお考えの方においても妊娠率は高まります。

ただし、体質改善には時間がかかりますのと、妊娠後もしっかりサポートさせていただきたい想いから、採卵直前または胚移植直前のみ受けたいという方は、申し訳ありませんがお断りしておりますのでご了承くださいませ。

☆鍼灸のみももちろんOKです。

「病院に行く前に体質を整えておきたい」「過去に行っていたけど病院はお休み中」などという方も多くいらしています。

 

はい、受けていただいても問題ありません。

むしろ鍼灸で血流を促すため、生理痛を緩和したり、排卵に向けて巡りを良くしたりすることができます。治療後は一時的に経血量が増えることもあります。

 

いつからはじめていいのか分からないと悩む方もいらっしゃいますが、どのタイミングからでも構いません。結婚して間もない方もいらっしゃいます。

 

LINEまたはメール:多くの方はLINEかメールでお問い合わせいただいています。48時間以内に返信いたします。ご希望の日時や時間帯を3つほど挙げていただけたらご案内がスムーズです。

電話:ほとんど施術中で電話に出ることが難しいことが多いため、お電話の際は必ず留守番電話にお名前と妊活希望の旨、メッセージに残していただけましたら折り返しいたします。

 

付けている方は基礎体温表、病院へ行かれている方(過去に行かれたことがある方も) は検査結果をお持ちでしたら、参考にさせていただきたいのでお願いいたします。

枕にかけるフェイスタオルをお持ちいただけると幸いです。(ペーパーもありますがエコになります)

 

上下ともにご用意しておりますが、ご自分のお着替えをお持ちいただいても結構です。

その際は肘、膝が出るゆったりとしたものが治療しやすいのでお願いいたします。

 

ペース:根本的に体質改善をするためには、1週間に1回程度をおすすめしています。 (1か月に1回しか難しいと言われる方もみえますが、そのペースでは正直なかなか変化しにくいです。)

期間:体質はだいたい3か月ほどで変化してきます。(細胞の生まれ変わりが3か月かかるため)年齢や治療歴にもよりますが、3か月を1クールに、半年~1年ほどでご懐妊に至っている方が多いです。

 

『針』と聞くと太くて痛いイメージだと思いますが、針先の直径は0.14~0.18mmと注射針と比べて約1/4ほどの細さです。

痛みの感じ方は個人差がありますが、痛みはほとんど感じないか、少々チクっとする程度です。

初診でいらっしゃるほとんどの方は、鍼灸が初めての方ですが、『もう刺さっていますか!?』や『思っていたより全然痛くない』と言われることが多いです。

 

火を使うので多少は熱いです。ただし熱さを我慢してもらうことはありませんので、ご安心ください。熱いときはすぐに外します。

 

薬のような副作用はありません。 しかし好転反応という、体が良くなろうとするときに出る反応が表れることもあります。個人差はありますが、症状としては、気だるい、ほてり感、発熱、頭痛、ぼーっとするなどがあります。